髭が生え始めた頃から頻繁に手入れをするのが面倒なので口ひげと顎ひげだけ生やしている。

全体的にそれほど髭が濃くなくて伸びるのもそれほど早くないほうなので、口ひげと顎ひげ以外は月に一度、髪を切るときにいっしょに剃ってもらえれば、とくに不便はない。

口ひげと顎ひげもそのときに一緒に短めに刈ってもらうようにしてる。口ひげと顎ひげは全部そってしまうと、無精髭気になる。

それほど髭が濃くないほうなので、口と顎にちょびっと無精髭が生えてくると、なんとなく貧相に見えてしまう。

口ひげを生やしていて困る点は、口ひげが伸びてくると食べ物を食べるときや飲み物を飲むときに器の中に髭が侵入してくることだ。

朝一番に何か飲もうとコップやマグカップに口をつけると、そこに抜けた髭が入ってくることもある。

なので、朝一番に何かに口をつけるときは、その前に口ひげをさっと払って、抜け毛を払い落としてからでないと食べ物を食べるときや飲み物を飲むときは要注意。

鼻毛ほどではないにしても口の中に髭が入ると非常に不愉快な思いをしてしまう。あとは、髭を生やしている人あるあるだと思うのだけれども、口ひげは結露する。

冬場に寒いところで鼻で息をしていると口ひげがしっとりと濡れる。長時間ほうっておくと、結露が口に滴ってくるほど濡れる。

これは非常に不快。さらに寒い地域だと、結露した髭が凍ることもある。ここまでくると洒落にならない。

温かいところに移動するかマスクを着用するかしないと顔全体が凍りかねない。髭はあるとあるで色々と邪魔なこともあるけれども、1点だけ利点がある。

口ひげを生やしていると多少鼻毛が出ていてもバレにくいことだ。鼻毛が出ていても髭かな?て思う。髭の利点はそのくらい。

あとは海外とか文化・宗教の違いにも対応できるので海外によく行く人にとっては都合がいいこともある。

まぁ日本だと、ヒゲは反対派が多いので、ない方がいいのかと思う。仕事面でもヒゲはマイナスだ。

友人でも仕事上で支障が出るからと、わざわざヒゲの脱毛をした友人までいるぐらいだ。【ヒゲ脱毛福島

さすがにそこまでしなくても…と思うが、それが現実なんだろう。